ニキビ跡はどうする?自分でできるケアと美容外科のケア!

専用のケアクリームを利用する

青春のシンボルともいわれるのがニキビです。中学から高校にかけてできることが多く、その後次第に治まります。ニキビ自体は治まっても、ニキビ跡ができてしまうことがあります。下手をするとそのまま残ることもあります。対策方法としては、専用のスキンケアクリームを使うことがあります。これによって、肌の新陳代謝を活発にします。新しい肌に変わるときに、きれいな肌になりやすくなります。普通のクリームより、専用のクリームの方が効果が出やすいです。

美容外科でレーザー治療を受ける

美容外科では、メスを使った治療の他、プチ整形なども受けられます。若返り治療なども多くあります。若返り治療の一つにシミを消す治療がありますが、これによってニキビ跡を消してもらえる場合があります。レーザーを使って、ニキビ跡にできた色素を消すことが出来ます。ニキビの種類によって異なるので、まずは医師に相談するのが良いでしょう。治療自体はレーザーで表面を焼き、ふき取る程度です。比較的簡単に治療を受けることが出来ます。

クレータータイプは保湿に気を配る

ニキビができた時、できれば皮膚科などで治療を受けます。ただ、多くの人はそのまま放っておけば勝手に治ります。そのために治療を受けない人もいます。自己流でつぶしたりしてしまうと、クレーターのようにでこぼこやぶつぶつの状態が残ることがあります。クレータータイプのニキビ跡の対処は、肌の保湿に気を配ることです。乾燥しているとよりでこぼこが強調されます。肌の潤いを保つことで、でこぼこ部分を目立たなくできます。手であまり触らないようにしましょう。

ニキビ跡はニキビを掻き毟ることで発生する皮膚上の凹凸です。ニキビを無意識に毟り取らないように、就寝の際は患部に痒み止めを塗ったり手袋を嵌めるなどの工夫が重要になります。